古民家の記・新(引っ越し先)

いつも(!)「古民家改造工事」をしたい・・・誰かさんの代筆で(笑)ミーハーブログをしているkominka(ツマ)でございます。

歯医者考(診察台の上で・・・)

*[その他]

 ちと長い時間歯医者さんの診察台の乗っていました(笑)去年は余裕を持って予約してたはずなのにドタキャンを数回してしまい・・・そのムカシは「忘れる」なんてありえない(人格を疑う)とまで思ってた若かりし頃の生意気な不肖kominka(ツマ)今なら、わかりまするえへへ。

 

f:id:fujiwarakominka:20160624214404j:plain

手づくりらし(笑)

 

 んで。麻酔なんかもされて(おかげで痛くはないのだけれども)わたくしの人生で一番長いつきあいの歯医者の診療の変遷(?)などを走馬灯のように(笑)思ったのでした。

 

 

 自分と合う病院選びは、とても大切・・・やっと末永く診てもらおうというところにめぐりあいまして(他の人にはどうか? わかりませんが病院やお医者さんとの相性って「人それぞれ」ですもんね)何代目かの若い先生だからこれで死ぬまで安心(たぶんわたくしのほうが「あちらに」先に行くと思いますもの)あちこちさまよわずによいな・・・と。

 

 

 

       「ご縁餅」(梅が枝餅ってなぜにあんこだけ?)

f:id:fujiwarakominka:20140117153917j:plain

甘いものが、いかんばい・・・磨けばいい?

 

 

 平戸のお殿様の「総入れ歯」を資料館で見たけれどあのころ、庶民は甘いものなど食べてなくて虫歯もなかろうねぇ~~とウィーーンと治療してもらいながら思ったことでした。

 幼児の頃から歯医者さんに行き(甘いものが好きな家系)治療してもらっては帰りに、お菓子を買ってもらう・・・というような(苦笑)自分も年取ったら総入れ歯になるのを信じていたのだけれど昨今の8020運動の偉大な影響を、わたくしのおんぼろ「自分の歯」を大切に治療してくださるありがたさを感じています。

 

 そして老人ホームに入ったりしても目医者(白内障)歯医者などなど「年相応なとき」に治療しておかないといろいろと迷惑をかけることだなぁと・・・昨年、父の白内障の手術につきそったことなど、口の中を「工事」してもらいながら思ったり・・・磨けばいいんだけれどねしっかり。

 

 では誰かさんが帰ってきました(今の時間は、そうなの・・「外から」電話で聞いたりするからPC・事務机周辺にいてブログ書いていますの)これにて。どちらさまも、がんばりまっしょ!