古民家の記

いつも(!)「古民家改造工事」をしたい・・・誰かさんの代筆で(笑)ミーハーブログをしているkominka(ツマ)でございます。

じわじわと。季節はうつろいます

[うちのこ(猫と植物)]

 例のがーでんぼーる「しか(だけ)」、栄養は与えてないのにあの花も終わったかと思ったらまだ、咲き続けているのもあったりしてけなげなうちのしと(鉢植え)たちです。みなさんのおうちはいかが?

 

      名前が。わかりました「キルタンサス(笛吹き水仙)」って・・・

かわいかろ?(笑)がんばるのぅ

 こんな小さなしあわせは「事件」がないからこそ・・・です平和ももちろんですけれどわが家はなにかと(?)思いがけないときに事件が起きるのだったこないだも実はわたくし接触事故を起こし(こつんとあてた、こちらが悪かったのです)むこう様の車はもう修理終わったと保険会社から連絡があり、不肖kominka(ツマ)の車も今日から1週間くらい代車となります(涙)みなさまくれぐれも、安全運転をしましょうね油断大敵です(笑)

 

きれいに咲きました!

 

 うちのメス猫ぶらんか・・・・蚤の薬をひと月に一度くらい(今ごろから)投与するときはいつも、悩むのだけれどあとは「ほったらかし」で家ネコになるしつけをほとんどしてなく「自由に」させているから今も、さわれません(大涙)ネット上で動画サイトを見てると野良猫が数か月で「かわいい」家ネコに(顔つきが違うのよ)なっていく写真だけ(クリックして、動画を見ることはほとんどありません)見て・・・・少し反省している今年の初夏です。

 

小さな薔薇さん

これから咲いてくれるような、つぼみがたくさん(うれしか~~)

 

 では今日も、あまりたくさんの雨は期待できないようですから少し「じょうろ」で水をあげてきましょう。どちらさまもよい一日でありますように~~~♬

 

 

小さな販売所

[田舎暮らしの応援]

 「もう10年になるとよ(なるんですよ)」と言われるお店・・・・特に、丁寧にきちんと、されてあるのでファンも多い(田舎比)ようで、あちらの谷(いくつかむこう)に行ったら必ずのぞいてみるのだった。

           

         自宅・農園で作られた(量産ではない)野菜です

季節の野菜いろいろ、お餅も(つきたて)たまに・・・※予約できます

 

 その10年の間にいろんなことも、もちろんあるはずですけれど淡々と「仕事」を続けてこられたのですこちらも、「もうそんなになりますか?」と、納屋を改造してキッチンや販売所を工事させていただいたので・・・・繁盛しているのはうれしいです。

 

※過去ログより                                                                       2021.3.11.

fujiwarakominka.hatenablog.com

 

 

 

「お店」の部分

 

  本体の納屋の部分も修理修復工事をそのときに、させてもらい・・・物置き(農家は道具が多い)や旧牛小屋も、ゆがみをなおしつつ外観もちょっと「おしゃれな」色になったのでした。

 知らない野菜は、「作り方」レシピも置いてあります・・・いくらか身内・知り合いから仕入れて(ここの販売所に合う程度の量)あり、季節のもの・品ぞろえもよくて行くのが楽しみなのです。最初は国道やバイパスから少し入っているし、山登りの人がみかんを買って行かれるくらいなのかもしれない・・・などと密かに心配してたのだけれど杞憂で「わざわざ」町から来られるお客さんも増えているそうです。

 

ゆらりんこ橋」(真名子木の香ランド)に行く途中にあります

 

 そちこちで見かける小さな野菜売り場、自宅のそばで自分でお金を入れて買っていくシステム・・・・みなさんのお近くにも見かけませんか? うちあたりでは「みかん(甘夏)」だけの販売所まさに小さな「小屋」というか「置き場」というか? がありどこの販売所も「帰りに買おう」と、思っていたら売り切れだったりするのだった。

 

夕方は「せかる(閉められる)」

 

 

 手入れのいい小さな谷、川がまたよくて水がきれいなのです地域のみなさん、みんながなるべく除草剤を使わず、草刈り機であぜ草を刈ってあります棚田が美しいところです。ほんとはあんまり教えたくないのだけれど・・・。この先の、ゆらりんこ橋の桜もまた、名所でございます。

 こないだ(秋ごろ)聞いた話では、まむし温泉に車を停めて歩いて駅まで行き、ひと駅乗ってそれから「この道」を登り(かなり遠い)ゆらりんこ橋から二丈岳に登って縦走して、元の場所に戻られたということでした「相当な距離(方言? 長い距離)」有名な(?)高い山ではないけれど健脚向きという気がします不肖kominka(ツマ)なんか「とてもとても(方言? とても無理)」そばまで、車で行って「一つの山」を登り下りするのが精いっぱいです・・・ははは。

 

 では今日も、いい一日でありますように♬

 

 

のんびり・・・しておられんのですが

[うちのこ(猫と植物)]

 例の「ノミの薬」ですけれども・・・・きのうも逃げられました(ぶらんか・メス3歳)きょうも、ご飯のときカリカリを食べているときね、言って聞かせているんだけれど(笑)困っておりまする。

 

※過去ログより                                                                    2019.9.11.

fujiwarakominka.hatenablog.com

 

 

バラがもう一輪、咲きました。

 

 のほほんネタのようでよほど、ヒマかと思われているかもしれませんね(笑)走り回っておりますお葬式ごともあり(村内、行政区単位の場所では「放送」があるのです。谷なので、そこそこの場所にスピーカーがあり、役員さんが放送して、回られますご苦労様です)連絡したり急に、バタバタしているところです。

 

 では5月のいいお天気・・・・どちらさまも、よい一日でありますように。

 

 

古い家に住む・・・ということ

[庶民の古民家]

 いまふうの2世帯住宅も含めて、いろんな工法で家が建てられ始めてもう2~30年になる。一般的な木造住宅はそれ以前からあるのですぐ、60年くらいはたっていると思われるいかにも古民家風でなくても・・・です。

 

           これでも100年近くにはなるらしい・・・

うちの。あばら家(笑)

 我が家はまさに「紺屋の白袴」誰かさんは(わたくしがお金は払わないしははは)よほど「ひどい雨漏り」など、必要に迫られないとしてくれません(笑)これはおばあちゃんの初盆の時(すごく暑い夏だった・・・)超簡単に「庇(仮)」を、してくれたときの写真です。今はもう少し「まともな」庇になっており、雨の日車から荷物をおろすときなんかにぬれずに済んで、とても助かっていますありがたや。

※追記※

こないだ来られた人に「(うちは)あばら家で・・・」ち、謙遜して(?)言ったら。その言葉「死語」だったのか、「?」わからないらしくて・・・・通じませんでした~~~(笑)ふつうに、うちあたり(郡内)にお住いのようでしたけれど。使いませんかねぇ?みなさま??(笑)

 

          ※   ※   ※   ※   ※

 

 住む人に合わせて、地元の大工さんがそこここで庶民の家を建ててこられたのだと思います。そして暮らしている家族の希望に合わせてときどき改造・リフォームしてきた歴史がある・・・と思うのです。

 

とある「外観」

 ちょっと昔風の家は、中を(天井裏など)「はぐって(解体して)」見るとそれは立派な「梁組み」大きな柱が使われていることが多いですね。つい、感動します。庶民の暮らしに思いをはせる・・・というと大げさなんだけれど(いつもオーバー、我ながら)

 

2階(屋根裏・小屋裏)・・・子ども部屋だった(ベニヤなどを「はがして」います)



 ここは、ほかの急ぎの(?)仕事のあいまに「やぶる(解体する)」作業も進められているのですが、気長に少しずつしてもらっております。まずは家の回りの整備、草刈りや片付け(膨大な量のいろんな不用品も多いので)そして「よりつき(道)」を、よくすることから始まります。

 

※過去ログより                                                                   2020.4.19.

fujiwarakominka.hatenablog.com

 

 

 

           草刈りをして、土(砂利)を入れて

旧農家の庭は、広い

道路(私道?)の補修も・・・

 人が快適に住むということは「手がいっている(手をかけている)」ということだなぁと、きちんとした農家の庭を見ると感心させられるのでした。そこに住んで、手入れをして「やぶにならない」ようにする・・・気長な、とっても大切なことだと思います。

 

※過去ログより                    2021.9.23.

fujiwarakominka.hatenablog.com

 

 

 

 さて。週明けですどちらさまも、よい一週間でありますように。

 

あそこだったのね

[お散歩]

 少し早起きしてぐるりと、歩いてみました(用事もあるのだが)カメラを片手に近場のお散歩です。農作業が忙しい「農繁期」なのだけれどちょうど朝ご飯の時間みたいで、誰もいませんでした。

 

水を張った田んぼ

 

 葦原水穂の国・・・ですよねお宮の行事ごとも、田んぼの仕事と密接に関係していると思いますなるほどなぁって。誰かさんがお宮の役・宮総代(隣組ごとにいます)をしているので、やっとイミがわかりかけてきたと申しましょうか?(笑)「お宮ごと(お宮の行事」にあまりに無知すぎるち、我ながら思ったりして。

 

鯉のぼり・・・日本だけかしらん?

 

 したら・・・・「あそこ」からとんぼへの登山道と思ってたのが、どうも違うみたいだったんで、訂正したします。

「浅井田あさいだ」からの登り(急な登り・車も登る・・・ほとんど会わないけどね)

アップ(なんかアンテナ塔が、立ってたことを思い出したのでした)

 

※過去ログより                                                                     2021.5.4.

fujiwarakominka.hatenablog.com

 

 では。また出ますので・・・・「つづき」書けるかにゃ~。いろいろ語りたいことはあれど・・・・本日は、早めに帰宅して夕刻より「ライブ配信(ネットでの生中継)」タカラヅカねを、見るので。まぁ「一部受け」で有名なものではありませんが、チケットを予約(家で見れるのはありがたい)してますのおほほ。

 

 いいお天気「五月晴れ」どちらさまも、よい日曜日でありますように~~♬

 

 

平和について・・・・

[田舎暮らしの応援]

 土曜日です(うちは、仕事ですが)いくらかのんびりしている朝ですので・・・・こないだ拙ブログで、平和について偉そうに「ごまめの歯ぎしり」を書いていたことの出所を(学術用語は知らない「出典」?「引用」?)少し補足しておきたいと思います。

 

            よそさまの畑の、クレマチス

「てっせん」は最近、見ないにゃ~

 

 何年か前に「コスタリカの奇跡」と、いう映画を見ました。不肖kominka(ツマ)は、学校で習う社会科程度の知識ですけれども、中学か高校のとき、スイスが永世中立国なので国連本部があると・・・今はあめ~りかにあるみたいですね(いつ「引っ越したのか」も知らなかった、いつのまにか?? 関心が低くてすみません)けれど、軍隊は持ってるのよねスイス・・・あの政情不安な場所で、軍備(国民は全員軍隊に属する?)は必要だろうと、子どもながらに思って授業を聞いていた。

 中央アメリカで、いつもなんかあってるような場所で、なぜ? 軍事費ゼロでやってゆけるのか? 知りたかったのでした。大きな国でもなく、西にも東にも軍事同盟にも「かたらず(加入せず)」どういう国なんだろう。不思議だったので。

 

たくましい・・・・

 特に最先端の技術や生活様式は、なさそうですけれど(西欧諸国を先端とすれば)民主主義が徹底していて、市長さんなどを経験してもそのあとは一般市民として、いろんな行事に参加されていました(「首長」が、特別な階級ではないというイミです)選挙のときの投票率がふつうに(いつも)90%くらいあるのです。みんなの意識も高いち、いうか・・・。

 軍事費がない分を、教育などに回すことができます(あまり豊かな経済・市民生活ではなかったのも「教育」や、国民の福祉が大切と考えたのだと思います)・・・・だったら、隣の国など(例の戦争大好きな軍事大国もそばに、ありますよね)から攻められたらどうするのか? 謎でした。

 

 

 隣の国や、強気で押してくる外交やらで脅しをかけてくる? ときには、どうしてきたのか・・・・気長~~に国連などに訴えて、国際法廷(?)やらなんやらで(そこは、詳しくないので説明できませぬえへ。すみません)注意してもらう、国連というのはそうとう強い権力(?)みたいなものらしい・・・・軍備してないのは、回りの国も知ってるから(?)いくらか被害?(武装して。武力で来ることもあるらしい) は出ても、兵隊同士の戦い・戦闘状態にはならないのです。そして無理難題(?)理にかなわぬことは、きちんと国際的な場で、反論していく・・・すご~く大切なことだと、そんな方法があるんだと思ったのです。

 

※追記※

うまく説明できないので。よかったら、調べて「見て」ください。ネットでも見ることができますし(いくらかのお金を払って、PCで視聴する)DVDも発売されています。

 

 

 2016年のドキュメント映画なので、今は違うかもしれません。人類の歴史は、行きつ戻りつしながら、地球全体が変わっていくのだと感じています。どこかの王様(殿様)権力者が、政治を行う時代ではない・・・みんな(住民)が決めていくのだと思います。

 世界各地で、独立したり親しい隣人と思っていた民族同士が戦争したりウクライナあたりのことも今度の戦争で(他人事で申し訳ないのだけれども)地名なども初めて知った・・・・隣の国ぽーらんどやどいつに気軽に(?)留学する、知り合いもたくさんいる「地続き」の地域なのですね。アフリカでもたくさんの国が生まれ、チェコボスニアあたりでももう何年も前に紛争があり、独立したりしたときもよそごとのニュースとして、わたくしの関心は低かったのでした。

 

 ここのところのテレビを見ていると、とるこがどうとか? ふぃんらんど、すぇーでんがnato軍事同盟に加盟するとか、そんな物騒な情報ばかり。なんとか、早く(!)戦争を辞められないものかこのままだと、どんどん広がりそうな(コロナと同じで。いえまったく、違う種類です)不安を感じているので。拙ブログで言わせてもらいました。

 

 

 ではみなさま、いい気候の5月たまには自然の中でおすごしなさいませ。よい週末でありますように♬

 

 

 

「大変だったとよ」

[大工さんの仕事]

 このあいだ「ちょろっと(ほんの少し)」野次馬取材をして、自分が道に迷ってあせって、あわてて帰宅したのだったのだけれど(笑)その工事の写真を誰かさんのデジカメから、PCに取り込みして(数日分を)見たところ・・・・確かに大変な「仕事(作業)だった」ようなのです。ので。みなさまにもご報告したいと思います。

 

レベル(床)を合わせるために・・・

 

 

※過去ログより                                                                  2022.5.18.

fujiwarakominka.hatenablog.com

 

 

 「全体が、ゆがんどったけん(傾いていたから)」と、言われた・・・のを軽く聞き流していて申し訳なかったのでした。それは丁寧な細かい仕事(行程)だったようです。

 

じわ~~っと、ひっぱる。

木は、根を張っているから「強い」

じわりと。ひっぱる(しばらく数日、固定)

立木にも「頼る」

 

 静かな山の中で、工事は進められていまして(この写真は、日曜に撮ったもの)黙ってコツコツと大工さんたちの仕事が、五月晴れのいいお天気の中に進んでおりますありがたや。誰もいない、集落の上のお宮さん・春日神社です。

 

遠く(?)からは、わかりませんけれど・・・「ひっぱって」固定しています。

 

続きを読む