古民家の記・新(引っ越し先)

いつも(!)「古民家改造工事」をしたい・・・誰かさんの代筆で(笑)ミーハーブログをしているkominka(ツマ)でございます。

 うちの町の真ん中(ウン十年前は役場前交差点)で、信用金庫やシルバー人材センターなんかの事務所でもあった(変遷してというか・・一等地だったし)一角がいきなり更地になった。
 なんとなく風情のある建物で・・・この家に限らず誰かさんはいつも「古民家工事」したくてたまらないのだがそういう依頼は全体の1%にもならないのではないか? 「空き家バンク」に行政がやっきになっているらしいけれど(登録、少ないとか新聞に載ってた)、一般の人たちの関心は親や親戚の家とかまで管理する余裕もないような・・・・気がするんだけれどあちこちでいつのまにか解体されている家の多いこと・・・・


年末に「あれっ?もしかして・・・」と。見える場所だし(銀行のATMがあるので、見る!)

(写真は正月過ぎ)


シートがかかり。あっという間に消滅する・・・・


今や広い(そこまで解体したか?と・・・)広い空き地に。
 ない(涙)


 そういえば・・・・近くの駅の(うちの田舎に私鉄はない。JRのみ。路線バスもいつのまにかなくなったし・・・)そばの住宅用地が二区画くらい整備されていたから・・・・なにごとかと思えば駐車場になるようだ。それも24時間300円安いようだけれど、短時間止めても300円とは高い気もする。土地活用?というかまずは駐車場になったり(その後、新築の賃貸アパートになることは多い)時代である・・・・
 町の中心だった旧役場跡の建物もまだひと昔くらいしかたってなく新しいのだが、ここの校区の公民館(と吸収合併した糸島市の「図書館分館」)に改装されもとの旧公民館は、「耐震」工事ができない(?)からと解体されるらしい。そういえば「きららの湯」前の雇用促進アパート5階建て2棟も、解体される運命らしく・・・・はたから見ると(よその校区民・旧町民ではあるけれど)「もったいない」「まだ使えるのに」と思ってしまうのだった。経済効果?なのか??



             ×         ×         ×



 寒波がくるそうです。水道の凍結などご注意ください(九州は、慣れてないからたいへんよ〜〜)体調も・・・・寒さで血管も筋肉も「ちじこまっている」(方言?)ので、いきなりガーーッと飛ばしてはいけませんくれぐれもウォーミングアップを十分にしてから(その昔で言えば、車の「暖気走行」・・・・今じゃオートマだから、しなくてよいのはなぜ??)動きはじめましょうねっ! おほほ。自分に言い聞かせておりますのよ・・・・
 心筋梗塞やらお風呂場の事故とかいうことではなく、健康な方でも急な気候の変化(特に気温が「下がったとき」)を意識して・・・寒波の買い出しもそこそこに「あるもんで」しのぎませう(笑)