古民家の記・新(引っ越し先)

いつも(!)「古民家改造工事」をしたい・・・誰かさんの代筆で(笑)ミーハーブログをしているkominka(ツマ)でございます。

スケルトン? 「やぶった」状態の家

*[古民家改造工事]

 「再生」するためには「手がかかります」古民家工事をしていると回りの方に「建て替えたほうが、簡単やろうもん」と言われたりするのですけれど・・・・ひと口で言うと歯医者さんで総入れ歯にするか部分入れ歯などで「もとある歯」を生かすかと、たとえて話ますが(ただ今、歯医者さんに通っているのでついつい・・あは)そうするとたいていの方は「ふ~~む(そうやねぇ)」と納得(?)されたりして(笑)外からはわからない部分の工事をしております。

 

f:id:fujiwarakominka:20181208120759j:plain

いよいよ、木工事始まる。

 

 

f:id:fujiwarakominka:20181208121116j:plain

「筋交い・すじかい」で補強(仮)している

 

 床下から「やりかえて(しなおして・・・これも方言か?)」断熱材も入れてレベル(床の高さ)を合わせて、柱・土台などの歪みを調整しつつ・・・・

 

f:id:fujiwarakominka:20181208090922j:plain

まず根太~断熱材~コンパネ~上張り(フローリング)

 

 

 日本家屋は「寒い」のです断熱材を床下や壁・天井裏に入れるとかなり「ぬくく」なりますが住んでいると気がつかない・・・そのムカシはどんだけ「外気」と同じくらいのまさに「雨風しのぐだけ」の家だったのだ(我が家はまだそげなもん・・「紺屋の白袴」状態)と思います。

f:id:fujiwarakominka:20181208121158j:plain

床下工事中

 

 

 さて週明けですいくらか寒波がゆるんだようですけれども、どちら様もよい一週間でありますように。