古民家の記・新(引っ越し先)

いつも(!)「古民家改造工事」をしたい・・・誰かさんの代筆で(笑)ミーハーブログをしているkominka(ツマ)でございます。

 写真で見てると(さいきん。家から出ない・・・のだった)、ビミョウに『階段の位置が』違うような気がするので。なんだか?? 拙ブログをご笑覧のみなさま、どうですか?(笑)見に行けばいいのだけれど・・・少し遠いのと税金の追い込み(6月くらいまで続く書類ごと・・最後には県の審査につながるのでなかなか「一気には」いかんのよ)と、雑事の多さ・・・今朝も雨の音にめざめてみると(あら?ロマンチックな表現)大変な事件が(笑)誰かさんのお洋服をストーブ煙突の付近(茶の間)にたくさん、ワイシャツやらコートをかけているとこが「もって」(!)すす・しずくが〜〜〜真っ黒になりいただいている立派なウールのコートなど多数は洗濯屋さん(取次店)まで車で15分持って行かねば・・・あぁ(大涙) 洗濯機に入れる前に何度も下洗いこの水が「真っ黒」になるし、それでも落ちないのでいちおう洗って「老後」の野良着にしようとkominka(フウフ)話したことでした・・・だって捨てるには惜しいもの丈夫ないい生地ですから。クリーニングで「すす」って落ちるでしょうか?(大涙)あ〜〜、こんなヒマないのに・・・お洗濯が・・・なぜ「事件が」たえない人生なのだろうか(笑)



「小さめの階段」なのだった。オリジナル(オーダー)
 仮設らしき・・・


     ↓   ↓   ↓



ね? 位置が、変わってますよね?(笑)





 「しっくい壁」を塗ることが多い古民家再生工事なのです左官さんが「一服」しつつ壁を眺めてあります・・・・不肖kominka(亭主)の仕事は最近クロス工事が減り、左官さんにお願いすることが多いですねでも、若い左官さんを見かけることがないのでそのうち気軽に? 「塗り壁」を頼めなくなるのかもしれません全国的にも・・・こちらの方ももう60代・現役です。みなさんの回りはいかがですか?

 吹き抜けの上(塗り壁補修)