古民家の記・新(引っ越し先)

いつも(!)「古民家改造工事」をしたい・・・誰かさんの代筆で(笑)ミーハーブログをしているkominka(ツマ)でございます。

 人に薦められたらなるべく「行きたい」と思っていて映画はたいてい自分が見たいものしか見ない・・・・のだけれど(時間がかかるし。これは「あきらめていた」デス)わざわざお電話のついでにお話しされたのでひさ〜〜しぶりにKBCシネマに行ったスタンプが5年ぶりだった(笑)なかなか貯まらない。


大開発前の北天神

「国際飯店」って・・・いろんな歴史を知っているやろねぇ・・・




 古い小さな建物が(大空襲で二日市から天神までくらい「見えた」そうな・・・)雨後の筍みたいにたくさんたくさん建ったのだとは思うけれど一気に天神ビックバンとやらで、変わってしまうのはなんかな〜〜〜


「今は」空が見えるけれど


 20年くらい前から大ブレイクしてCDが300万枚とクラッシックでは異例の売れ方をして今も、精力的にコンサートをされている日常を14歳のときの絵日記と合わせて思い出話も・・・・なかなかよい編集姿勢・構成になっている。フジコさんの「視点」も好奇心もピアニストとしての練習づけの毎日も・・・・淡々と描かれていて「日本はどうして全部、建て替えてしまうのかしら」とパリに一年の半分住んで、古い素敵なアパルトマン天井がたか〜〜い部屋に犬や猫たちと暮してあるのだった。しかも犬はコンサートツアーのあいだ(2か月くらい)ドイツの友だちに預けてそれを5時間くらいかけて引き取りに行かれる・・・丁寧な暮らしぶりと公演の前日にも4時間の練習を欠かさない姿勢、コンサートの後には(前には「節制」禁欲的な生活のようである)アルゼンチンやNY、ロサンゼルスの夜のライブハウスやら街の散策を一人でマネージャーなしで(「なんでも自分で」するんだとかスタッフはおられるようだが・・・)すたすたと、歩かれる「疲れて演奏に影響があるといけないから、無理はしないすぐに寝ます」ということだけれどいやはや。すばらしかった不肖kominka(ツマ)まだまだ若輩者だす(!)



フジコヘミングの時間
https://eiga.com/movie/87411/
※公式HPは、なぜか「真っ黒に」なっている??ので、映画の宣伝を、貼り付けておきますネ。






公団住宅(現UR)の新しいビルの隣に、国際飯店はある・・・・

いつか。食べてみるつもり(笑)


 フジコさんはいつも路上の演奏などにもチップを、あげたり犬や猫の(留守宅の)お世話する方もゲイのカップルだったり・・・自然体でかまえずに、いろんな方と仲よくしてあり。それもすごいと感心したのだったなんかね少し前の「日本人」って感じ(わたくしの「田舎暮らし」と似てる・・・あはは! 比べるのもおこがましいが)暖かい「演奏に日常の感情が、出るから」ときれいな心を保ちたいらしいの、いいな〜〜そんな心がけ。とってもよかったです、よろしければぜひご覧あそばせ。