古民家の記・新(引っ越し先)

いつも(!)「古民家改造工事」をしたい・・・誰かさんの代筆で(笑)ミーハーブログをしているkominka(ツマ)でございます。

お風呂の改造工事

*[介護保険適用工事]

 「介護保険」は健康保険と同じようなもので(いえ。「違います」けれど・・・独断と偏見デス)介護認定をお医者さんに「必要と」認めてもってから。まず一番最初にケアマネジャーさんに相談するところから始まるのですが・・・いろんなこと・介護サービスを受けられるようになるので助かっているご本人やご家族は多いと思いますけれど、「今すぐ」には、まにあわないことも多多あります。

 

 

 

 お風呂をシステムバスにする「工事」は1週間もみておけばいいのだけれど「着工」してしまうと、介護保険適用工事は申請できませんのでくれぐれもご注意くださいね。

※注意点※

 お役所に「申請」「許可」が下りてから、工事を始めねばならず・・・・1割負担で介護保険適用工事ができます(「事前に」お医者さんやケアマネさんの「診断書」「理由書」なども必要になります)

 

 

 

 こちらのおうちでは「実費」全額負担してリフォームをされたのでした。

 

f:id:fujiwarakominka:20190117092455j:plain

まずは「お祓い」して、解体します。

 

 「まだ使える」立派な浴槽を、ご家族にとっても「さらに快適な」浴室の中もあたたかい(タイルは寒いですよね)新しい方式のお風呂・ユニットバスになります。

 

 

 「据え付けるだけ」といってもかなり大がかりな(?)床下工事で・・・そこをきちんとしておかねばなりません。

 

f:id:fujiwarakominka:20190117141148j:plain

床下(タイル解体)工事中

 

 しあがりの写真は、後日(笑)

 

 

 よいお天気が続いていますどちら様も、いい一日でありますように♪♪