古民家の記・新(引っ越し先)

いつも(!)「古民家改造工事」をしたい・・・誰かさんの代筆で(笑)ミーハーブログをしているkominka(ツマ)でございます。

カネも力もなかりけり(笑)

*[古民家の工事]

 やむにやまれず、お正月にうちの工事をしてもらっている・・・のですけれど(我が家の「歴史」は省く、そのうちに)四半世紀前に、台風17号、19号の被害を受けて「あただに(方言? 急きょ)」修理して「住んできたので」なんとか「持ちていた(くずおれず)」部分が、いよいよなわけです(笑)

 写真に撮るとすんごい「あばら家」という感じでコワイみたいです大工さんが(誰かさんが)どんな風にしてくれるのかまだ、よくわかりませんどうなることやらケセラセラだす。

 

 

        「猫の手」も借りる?(笑)

f:id:fujiwarakominka:20190104134302j:plain

実は邪魔している(笑)

 

 「あのときも」愚息みかんが、2歳半くらいで(まぁ「おりこうさん」でしたが特に熱も出さずケガもせず)それと同じように(?)子ねこ「れお」が走り回ってくれておりますそしてわたくし「力がない」から何もできず「口」を出すだけみたいなもんで(笑)長い人生主力選手・表舞台に立つこともなく(笑)裏方・縁の下(片づけとご飯作り)の日々なのを・・・我ながらおもしろく(?)感じておりまする。

 

 

 

 

f:id:fujiwarakominka:20190104125600j:plain

外壁(風雨に耐え・・・)

 

 床や柱がゆがんでるのも「見えない部分」なもので・・・・ついついこんな長い(?)年月がたってしまっていたのでした。おばあちゃんが黙って(不肖kominka(ツマ)のただ今の年齢頃に)してくれてた部分も器用に「丸のこ」も使われた、今さらながら、ありがたいなぁと思っています。

 

f:id:fujiwarakominka:20190104125340j:plain

たんすが、斜めに(苦笑)

 

 ひと様は「紺屋の白袴」などとなぐさめて(?)くださることも、あるけれど(涙)・・・お正月早々(年末年始)「してくれる」だけでもありがたいと、もっと感謝しなければならないのでしょうねぇでは、これにて朝ごはんでも作りましょ(笑)

 

  

 どちら様もよい週末でありますように♪♪