古民家の記・新(引っ越し先)

いつも(!)「古民家改造工事」をしたい・・・誰かさんの代筆で(笑)ミーハーブログをしているkominka(ツマ)でございます。

 「よかねぇ」とみなさん言われるしストーブの前でほっこりして行かれますけれども・・・・細かい灰はでるしいつもいつも「火の番」しないといけんしタイヘンばい。ま、ぬっかけん(「ぬくい」あたたかい)よかけど。



※家全体が「ぬくい」ことはありません(笑)



 きのふはせっかく色々書いてたのに「はてな」ブログってばちょこちょこ「推敲」しては(というほど大げさでもないが読んで、引っかかる助詞などを)書き直すと抵抗するんだもんいっぱい書いてたのにな(怒)よくよく見たら「確認する」(下書き機能)というぽちがあって・・・・今日から、それを使ってみておりまする。これは便利(笑)





 こないださ〜〜、いきなりストーブの煙突のつけね(?)あたりから「もる(ぽたぽた落ちる)」液体がドロッと・・・・「すす」「コールタール」のような・・・・それでこんな措置を。


 どうもねぇ・・・・大黒柱かなんか「うるし?」「ニス?」を塗ってあったらしくてマキ割り機できれいにうちのストーブ用の大きさにアツラエテもらってはいたのだったが・・・・しかも「あんまり燃えん」からラッキー(かかりきりで「炊きもん」を入れずともよいので助かる)ち、思いよったとよ。したら・・・・それ。立派な柱を燃やして暖を取ってたから「ばちがあたったのかしらん」・・・・というふうに、薪ストーブいろいろと手がかかりますことよ♪♪


こんな大木も・・・