古民家の記・新(引っ越し先)

いつも(!)「古民家改造工事」をしたい・・・誰かさんの代筆で(笑)ミーハーブログをしているkominka(ツマ)でございます。

 明日がその最後のコンサートになるので身内は大騒ぎ(といっても家族程度)、伯母さんは例のバラハウスに薔薇の花束をお願いしている・・・・・そういえば4〜5年前は甥っ子が「どんたく」のパレードにブラスバンドで出るというので「おっかけ」して写真を撮りに行ったものでしたが(笑)あの年1回限りでしたので、「行っとってよかった〜(方言。見に行っててよかった〜)」とお正月に 義妹と話したことでした彼女は仕事が重なりなかなかわが子の晴れ舞台?を 見る機会が少ないのであります。おばちゃんが行かないで誰が行く(笑)って、行く必然性はないのかもしれぬけろ。


「また薔薇、いる?」と聞いたら「いるっ!」と、申しますもんで(笑)伯母バカ。


バラハウスの方が、どんな花束を作ってくださっているか・・・も、いつも楽しみですの。



西市民フィル「ニューイヤーコンサート」のお知らせ
http://orchestra.musicinfo.co.jp/~npo/







 バラと言えば宝塚(笑)・・・・・礼音ちゃん追っかけ(年末年始に星組がいろんな雑誌に載ることが多かった、せっせと買っていますえへへっ)ので・・・・・そんな日々なのだけれども(「仕事」してんの?と、突っ込まないでね。夜、寝る前のお楽しみですあははっ)今朝のテレビで玉三郎様のインタビュー(取材)があってて、「興行」として成功するとはどういうことか? 及ばずながら考えてみたりタカラヅカが去年100年を迎えてかなり大々的にキャンペーンもしてたけれど「うまいなぁ」と宣伝のやり方やファン獲得の手法(親子何代もファンとかファンクラブのこと「お茶会」はがきでのお礼状とか・・)なんかを、見せてもらっているのでした(笑)玉ちゃんが「シネマ歌舞伎」に力を入れていて(故勘三郎さんもそうでしたよね)、いろんな話題で世間の耳目を集めないとこの不景気で一般の方々の注目・関心は遠くなると思えるのでした一部の熱心なファンが通うだけでは限界がありますもの。

 地元出身の星組娘役(ただ今、中堅どころ。ノッテおります「お役」もつきはじめました)珠華ゆふちゃんが在籍しているあいだ・・・だけと(お金もヒマも続きませんしねぇ)たぶん(笑)思っているのであのきらびやかな世界が「しょうにあわん」(方言?「キライ」)方には、拙ブログ「古民家の記」の趣旨とはまーーーったく違うじゃないか?と お怒りにならないでくださいね書いている不肖kominka(ツマ)の頭の中がそんな風にごちゃごちゃしてて節操もないのでおほほ、でもねでもねわたくしの中では「一致している」のですよ、つながっているというか〜〜・・・・どういうミーハー、分裂思考?(笑)


この花束は、柚希礼音ちゃんにささげます(笑)ほほほっ、「わたくしの」ブログですから(笑)




 まぁとにかく博多座がフクオカにできなければkominka(ツマ)一生涯、歌舞伎を見る機会はなかったと思いますもん。トウキョウ銀座(あたり?ですよね)の歌舞伎座が鉄筋コンクリートになるときはすごーく失望したけれど(せめて解体前に「見に」行きたかったけれど、かなわず・・)あそこで生きのびるために松竹さんが決断されたことなんでしょ? 高層ビルにして上の方はマンション? 貸しビル?なのかな・・・・興行って、そういうもんですよねぇ・・・けれど博多座苦戦していると毎年地元新聞に載りますまだまだ歌舞伎を見ないまま死ぬ人も多いから(笑)せめて日本人、いっぺんくらい見ましょうよ(笑)こちらが勉強してないと面白くない世界ではありますけれど・・・・ほら音楽ですらただ聞くだけでは単なる「受け身」ですから・・・・「参加」しなくてはネ!

 その点ウィーンフィルなどのニューイヤーコンサート最後にあるラデツキー行進曲みんなで手拍子するあれ、西市民フィルでも必ずありまして楽しいですまぁねーー姪の祖母(不肖わたくしの母)はそのあとの「お茶」を楽しみに(姪っ子はもちろん「そこには」来ませんが)来ているのでした・・・そげなんで、よかっちゃないと?(方言。そういう楽しみ方で、いいと思われます)