古民家の記・新(引っ越し先)

いつも(!)「古民家改造工事」をしたい・・・誰かさんの代筆で(笑)ミーハーブログをしているkominka(ツマ)でございます。

 日曜は誰かさんの命令が出ないうちに「飛び出そう」としていたら・・・太鼓(7時半すぎ)あぁ。敬老会のある月なので草取りも念入りにというか、なんでこう夏草は元気がいいのでしょうねえここんとこ雨が降ってたのに「ぬけん」桜の葉っぱは地面(アスファルト)にへばりついて「取れん」(笑)


 いくらかのんびり誰かさんが出て行きました現場の草刈りまだ、仕事に入るのは少し先なんだけれどそこのご近所の役員さんから「あんたんとこが管理しとるっちゃろ」と電話があり・・・「はい。切ります」と神妙に答えていたので・・・わたくし本日は図書館に行って温泉ででも「休日」してこようかなぁと思っているところ洗濯機が止まったら(もちろん「乾燥機機能はない」ので干してからですけろあはは)、行ってきますね・・・



らくがん(お供え)


 むかしながらの「お供え」甘い甘い落雁を、仏様にいただいたので・・・そのほかにも果物やら市販のお菓子セットやゼリーなどなどおばあちゃんと少しづつ食べてたものでしたが一人では、とうてい無理。なのでかなりあちこちのご年配の女性に「食べ加勢」してくださいとお届けしたりこないだは、キャンプに行くファミリーに海辺でどうぞとあげたりしたけれど・・・・落雁は残り二つくらいあり・・・小さく割って冷蔵庫で(蟻がくるので「イアリ」というのか?「ヌカアリ」というかものすごーく小さい蟻です)保存して食べるつもりデス時代の流れで嗜好が変わってきているからねぇ・・・・ありがたいけれど「そのあと」を考えるとちと気が重いお供え物なのでございますぜいたくよね(すみませぬ)

 それがねぇ一番小さいのを覚悟して(お茶を用意して)食べたら・・・なんと白砂糖でした〜〜(笑)ほっ! この写真のうち印をつけているのだけでした。今どきはやはり大きな落雁は需要が減ったのでしょうな〜〜というか九州だけかしら? 仏壇(仏様)にお盆には、落雁上げるの・・・みなさまのところはいかがでしょうか?




 ではどちら様もよい日曜日でありますやうに♪♪