古民家の記・新(引っ越し先)

いつも(!)「古民家改造工事」をしたい・・・誰かさんの代筆で(笑)ミーハーブログをしているkominka(ツマ)でございます。

 台風7号が九州北部(玄界灘)を通過するとか・・・台風の東側が雨がひどいようですから(朝倉の水害からちょうど1年・・)みなさまもどうぞご用心ください大工さんたちは、本日「お休み」かも・・・まだ直撃ではないので午前中仕事かも(?)というところ雨漏りやら風水害やらなんやらの電話があると誰かさんは出動です。




いろんな小さな仕事もさせていただいております。


 大工さんたちは職人さんなので定年はなく自分が働ける限り仕事はあります・・・・おかげさまでうちはベテランも多いデス(笑)今、ちび猫がうちにいて走り回って「元気」なのだけれどそのムカシ飼ってたのは肩の上に乗せるとずるずると「飛び降りる」ことができぬトロイ子ねこでしたまるで不肖kominka(ツマ)のような(笑)でも、今考えると子ねこのことをよく知らないので思ってたよりまだまだ小さい月齢だったからかもしれません昨今ではネットで聞いたら(検索したら)なんでも「知る」ことができるし便利。



 こないだ交番の前をシートベルトを気にしつつ通り・・・思い出したこと半世紀以上前に滅多にない家族・親戚で「だんごあん」かどこかに遊びに行ったとき父がバイクの後ろに小さな弟を乗せて交番を避けてぐる〜〜りと回って帰ったことをふと思い出しました「人を乗せられないバイク」(ナンバープレートの色が違い、一人乗り)で、他の人は車につめこんで(定員オーバーでは??)出かけたのでしたまだまだ一家に一台とか車は買えない時代だった・・・・遠い目(笑)その父も老人特有の病気(というかそれなりに年齢相応と申しましょうか)で細かいことはすっかり忘れております昔のことなら覚えているとかいうのはまさに、人それぞれみたいです彼は、徘徊もしてないようですし・・・



 「老人」はそんなもん・・・という許容がこないだまであったような最近ではどんな亡くなりかたでも必ず「原因」というかに病名がついていて(治療法もいろいろあるし)むずかしい時代になったものだにゃ〜と思ったりしているところデスさぁこうしてはおられませんでは、どちら様も台風通過を用心しておすごしください。これにて・・・・