古民家の記・新(引っ越し先)

いつも(!)「古民家改造工事」をしたい・・・誰かさんの代筆で(笑)ミーハーブログをしているkominka(ツマ)でございます。

 正月明けから入ることになっていた仕事にかかっているのだけれど雪もちらつく中大工さんたちが頑張ってくれております今日は、朝から積もっているかと思ってたらうちあたりは大丈夫でしたみなさまのところはいかが?(笑)自転車操業の薪(たきもん)の状態で・・・朝からバタバタしていましたうちは「燃やすもん」はとにかく端材やらなんやらあるからありがたい。



柱をすげかえる(方言?)

       ↓  ↓

柱も1本補強して・・・



 みんなでかかって「梁」をつけるのが若い人でもそうとうな力仕事らしかったデス坂の、途中にあるおうちだし納屋の中なので「人力じんりき」で・・・・


梁がつきました。


 まず屋根(雨漏り)壁はとりあえずいくらか破れてても大丈夫(笑)柱を補強してゆがみを直して(あぁ・・・「整体」と同じようなものだわね)新しい柱・材料・壁材などなどこれで「長もて(長持ち)」するというわけ「入れ歯」歯の治療と同じだなぁと不肖kominka(ツマ)いつも思っておりまする。




 さて厳しい寒波が続いております天候不順のときは体調にも影響がありますから「うっかり」の動きでケガなどもされませんように・・・・・どちら様もご用心なさいませ(笑)いえ、自分に言い聞かせておりますと。