古民家の記・新(引っ越し先)

いつも(!)「古民家改造工事」をしたい・・・誰かさんの代筆で(笑)ミーハーブログをしているkominka(ツマ)でございます。

 まだまだ走り続けており(笑)いつものことだけれど掃除が行き届かないのだった・・・・お客さんにご挨拶がてら「現場」の写真を撮ろうとしていても狭いあまり車が通らない道でも、「車が来たよ」と言われあわててその場を離れる・・・という具合・・・うちに訪ねて来られたご近所の「小さな用事」があるかたは、「灰が出たり」「火の始末」をご存知なので(こないだまで「風呂焚き」をされている家は多かった)「よかねぇ」と言われるけれど大変さわかってあることと思います。



薪ストーブは「かーーーっ」とはぬくもらない・・・

じわ〜〜っと。ぬくいけろネ。



 ストーブに華氏と摂氏を測れる温度計を「はりつけて」いるのだけれど(一番最初に「それよ」と言われ、買った・予約した地元のホームセンターにて)人間の管理できる温度は100度くらいまでかなぁと思ったりしているがんがん燃えると200度とかなると・・・・コワイです原発の管理は神を恐れぬことではないかと思ったり・・・・みなさまはどうお考えになりますか?




「満ち潮」


 この年の瀬にお葬式もいくつか・・・年末年始に寿命を迎える方もあるようですどちら様もお大切になさいませ。また、「事故」や事件などくれぐれもご用心くださいネちょっとした油断でなにかとあり「時間をとられる」し、病院もお休みになりますからそんなときは遠慮なく救急車を呼ばれますように・・・・地元消防団の「自警」は、明日明後日らしい・・・ではこれにて。今日もいい一日でありますように。