古民家の記・新(引っ越し先)

いつも(!)「古民家改造工事」をしたい・・・誰かさんの代筆で(笑)ミーハーブログをしているkominka(ツマ)でございます。

 いえ。まだ駄猫まるは元気(?)です「別れ」というのは、受け身のほうには「突然」やってくるものですわね田舎にじーーっといるから転勤とか引越しに無縁ですので、「新規(リセット)スタート」というのを経験したことがなくてみなさんの新しい旅だちを見送るばかり・・・という感じかなぁ。そしてトロイのでもう会えなくなってしば〜らくして「さびしい」と思ったりして(笑)こないだ愚息みかんを駅まで送り数日なんだか淋しいkominka(ツマ)でございますでも、また新しい出会いもたくさんありそうな気もしているのでした。


もう水仙が咲いています


 去年の夏に突然亡くなった左官さんの奥さんが(入退院を繰り返されていた)先日亡くなり今度の初盆は「一緒で」いいなぁとお葬式に参列して思ったりだって、フウフでもいよいよ最後は別の場所で(入院先が違ったりして)別れ別れになることは多々あるようですものねあ、こんな寂しいことを書くつもりではなかったのに「指が」(筆ではなく)すべりました(苦笑)気を取り直してもう少し書きましょう・・・・


寒風の中、けなげに薔薇も


 若いころに(そういうセリフをいう「年」になってしまった!)授業の合間に聞いたお話ってよーく記憶に残るものですわね先生をされておられる方はくれぐれもご注意くださいネ(笑)、それも生徒によってそれぞれにその記憶が「切れ切れ」に感想も違っているから影響力の大きさといえばはかりしれないものがあるような・・・・
 とある先生はテレビを夜のニュースのあと、午後7時半〜9時まで「辛抱して」見てある様子をふっと講義の合間に漏らされたことがあり二十歳前の生意気盛りkominka(ツマ)には、理解できないことだったのだけれど今では年末の紅白歌合戦ですら「知らない曲」ばかりでついていけないのだったあはははっ。




 北海道からの寒波が九州にも来そうなお天気らしいですよみなさま、本日も気合い入れて参りましょうさっそく「外から」あそことあそこの地図をfaxで電気工事屋さんへ流すようにと命令があったkominka(ツマ)で〜〜すさぁ! 感傷にひたらず、がんばがんば・・・