古民家の記・新(引っ越し先)

いつも(!)「古民家改造工事」をしたい・・・誰かさんの代筆で(笑)ミーハーブログをしているkominka(ツマ)でございます。

 おはようございます今日が「ほんとうの」敬老の日(笑)うちあたりでは地域の公民館で「お祝いの会」をしますけれど昨今は、たとえば地元の旅館などの大きなスペースがあるところが「とれた」ときにと、9月の始めの土日などにあるようになってきましたし・・・こちらも(若者だけではなくて)多様化してきているようです。


 さてなにかわからんがミニコンサートがあるらしく誰が出演されるのかもわからないままご案内があり・・・「取材」(単なる野次馬)に行って参りましたのでその、ご報告を致しまする。




「福ふくの里」入口付近にて


「ITO 楽しサックスバンド」デビュー(?)コンサートらしい


※>糸島を愛するサックスバンド・・・が、来週24日は「きららの湯」のロビーで、9月30日は糸島市民祭りのステージにも出演されるとか。ぜひ、応援してあげてくださいネ。



 音楽にもいろいろありますしもちろん、いろんな楽しみ方があっていい・・・・楽器をされる人(昔取った杵柄などもあるし、年を重ねて新しく「習い始めた」方もありますよね)たちが、積極的に晴れの舞台(笑)で腕を磨くのはよいことだと思うのです。仲間がいて、聞いてくれる人があって楽しくますます腕が上がる・・・というわけ(笑)それに近ごろはいろんな便利な、シンプルな器具も手軽に(かどうか?わかりませんけれど「入手困難」かもしれぬ・・・)持ち運びできるしなかなかのレベルの音響も特に、半分「野外」だとスピーカーを使いこなすのは大切なことですし。


こんなのも・・・・


 ビッグバンドになられることをお祈りしています(笑)中洲ジャズもとても盛大に盛り上がっているようでしたし「もう、近寄れんくらいよ」とあのあたりの友人が言っていましたっけ。ジャズかクラッシックかもよく違いもわからない不肖kominka(ツマ)でございますがまずは、楽しむことだと思ってあちこち見に(聞きに)参上している次第。


※追記※
kumaさんが「わざわざありがとう」ち、言われるので「サクラ」といったけど「あ。バラ」ちいうたら回りの人から「それはあつかましかろ」って厳しくブーイング(笑)はいはい・・・せめて、え〜〜と今ごろは? と思ったけれども瞬時にわからず「じゃあドクダミで」と答えたことでしたあはは。




花ジンジャー? かな(福ふくの里に飾ってあった)



 では連休最終日、どちら様もよい一日でありますように・・・・うち? うちは「仕事」だす(笑)

 台風はいくつもきてますけれど・・・・一番、暑い時期はすぎたような気がします(まだまだ「ぬっか」ですが)あっというまの「初盆」ラプソディだった自分でも無事終わったのが信じられないデス(笑)一日200人も来られたら(行き届かないのは、わかっており)13日はインスタントカレーなんか食べさせてしまった(いえ、いつものこと。なんだけれど「精進料理」は作らなかったというイミあはは)誰かさんがなんもいわず3日間いてお客さんの相手をしてくれた(いつもは、盆・正月はほとんど家にいない)のは、ありがたかった・・・ひたすらコップ洗いをしていたような・・・・今日は、中学校の廃品回収盆前に片づけたのを出してきます不肖kominka(ツマ)のこれからの半生は「片づけ」が課題かな〜〜こないだテレビで「マンションのごみ屋敷」化が、取り上げられていたのだがもうね、人ごとと思わず社会全体で、考える時期に来ているのではないでしょうか? みなさまは、どう思われますか?



季節のうつろい



 まぁとにかく「初盆」を迎えるためにお座敷と玄関先だけをなんとかしたのだったが「日よけ」は誰かさんのグッドアイデア、でもこないだ通りかかりの知人から笑われたあまりに「ちゃちい(しょぼい?)」見ばえなんだと思われるでもねとーーっても涼しいし、台風もそれたから「大丈夫」なんですけろうやっぱ「見た目」って重要かもしれないですね(笑)速攻で作ったらし。


初盆の名残り



ずーーっとロウソクをつけてたので「こんなふうに」なった・・・
 とけて流れた(笑)



 一つずつ行事を「のりきり」ながら、ご近所や関わりのあった人たちと真摯につきあい「仕事」や生活をしてゆきたいと思っている朝ですでは、どちらさまもよい週末でありますように♪♪

 朝からPCを開くのはやめようと思ってたら誰かさんから「見積もりを(盆前に)持っていけ」ち、下書きを渡され(涙)まだお座敷の「仕上げ」が残っているのに〜〜〜・・という朝のことでしたあはは。



これね。簡単な「カギ」


 最近、見かけませんがこの鍵をご存知の方は・・・いくらか人生を重ねた方でしょうな(笑)これをイメージしていたkominka(ツマ)ですが立派な「磁石式」の鍵に・・・・

 おはようございま〜す。うちは今日まで仕事です(19日まで藪入りでお休みさせていただきます)ので、まだ「お盆ごと」とは別モードで請求書やら集金やらなにかとありまして・・・でもたぶんあいまで拙ブログ、書けると思われます(笑)まだまだ準備完了とは行きませんが先ほど「お参りの方」も早朝から「お邪魔にならないように」ち、来られて・・・お話しもされていかれまして・・・油断できない(笑)というか〜〜〜田舎は、ありがたいことでございまする。




案外、まだ小さい(目をランランと・・・)
 うちの「わるそ坊主」
網戸ボルダリング(笑)


 ついてまわるから「せからしい(うっとうしい)」のですがあらそら・・・振り回されてひと様とのお話しのネタの一つにも、なるのでした(笑)でもたまに「猫アレルギー」や猫嫌いの方もおられるので親ばかで「れお」を紹介するのもねぇというところです。では、どちら様もよい連休・お盆休みになりますように。

 きのう畳替え(入れ替えのみ)の真っ最中にたぶんおばあちゃんの友だち(?)らしき方から「お参りに来たい」と電話があり、不肖kominka(ツマ)少し遠くまで出ていた(「転送」で携帯へかかるようになっている)ので・・・おわびを「言い訳」させてもらって・・・せめて10日(11日から連休になるし)今日くらいから、よそ様がお参りに来られるかも? だろう・・・とは思って急いで準備していたつもりだったのですが(玄関提灯? お返しの品、看板は手配ずみ・・・届いている)とある、若い人に言わせると「13日に魂が、帰って来られてから、会いに行くちゃないと? 」一理イチリ あり。
 けれど。わざわざ来て(お参りに)くださる地縁・知人・血縁(遠い親戚も含めて)などなど、ありがたい風習だと思われるのでしたが、なにせわたくしは留守、大工さんも工事中(敷居がないから。水害以来、間に合わせの工事に「合わせて」なので)・・・というわけで本当に、申し訳なかったのでした。ご家族などのご都合で、「乗せてきてもらう」のだったのでしょう・・・早々と、思い立ってくださったのに・・・・「さばけず」すみませんでした。



お神様や仏様、いろんな方々にご縁あり・・・


 そういえばkominka(ツマ)も学生時代の友だちが亡くなって(伝え聞いてはいたがお葬式には参列できず)里帰りした折に14日か、15日ごろに実家のすぐそばのいちご農家に嫁いできていた・・・のは知っていたけれども初めて訪ねたのが「初盆」だった・・・という記憶もありましてお盆というのはそんなふうに庶民の中に根付いていると思われるのでございます。
 さて。まだ「仕事」(振込なども含め盆前モード)が〜〜、あいまで(笑)掃除、お客さまの準備をしておかねば、いつ誰が来られるかわらない田舎ですので・・・・さばけんグータラ嫁(特に誰かさんは「仕事優先」で家の、ことはしたことがない旧石器時代人? よ)なのでしたえへへ。

 台風がたいしたことなくてよかった・・・というくらいまだ、あの豪雨の傷跡がそこかしこに「小さいけれど」残っていてひどい被害のところはこの暑さで本当に大変でしょうお見舞い申し上げます。


道のはしが、くえて(崩れて)いる
 わたしのサイクリングロード(笑)
「修復」に、手が回らないのだと思われる・・・


 こないだJR筑肥線(前原〜唐津間)が不通になり・・・の現場を通ったので(車来てなかったし〜〜)撮りました「左すみ」に不肖kominka(ツマ)のカメラを持った「手が」写っております(笑)


土砂崩れした「現場」

  ↑
 サイドミラーに


 その前後はコンクリ(?)で固めた斜面があるので・・・豪雨で小さな場所が崩れて思いがけないところから水・土石流がふきだした・・・のが今回の大雨だと思われるのだけれどみなさまのあたりはいかがでしたか? 天候不順が「毎年のこと」になりつつあるようで火山も活動期に入ったような・・・どうぞ身の回りに日ごろから、いつも目を向けて「身の安全」を(お金じゃありませんからね!)気をつけておきましょう・・・・


ぽっかり「えぐられている」部分(鉄道の上)

「水」を流すためのホース?


 それにしても公共交通機関の方たちは、ほんとうに頭が下がりますいくら仕事とはいえできる限り「動かそうと」してくださる・・・・そのむか〜〜しダブル台風被害のとき、まず17号で床上浸水して伯母たちが泊まり込みで来てくれて片づけたり・・・して「慰労」をかねて温泉に数人で泊まりに行かれた時にちょうどビンゴ(!)で、次の19号が「同じコース」で来たのでした。詳しく言えば2度目のは少しずれて筑後地方(久留米あたり)がひどかった・・・のだった、武雄温泉からバスで帰ろうとしていた一行は(わたくしは幼児と留守番・仕事もあるし)、その運転手さんが目の前の枝やらなんやらを一人でよけて「行けるところまで」運行してくれたそうです。それから中継のバス停で、宿を探してもらったのだとか。
 あとで考えると同じ旅館に「もう1泊」すればよかったね・・・と、笑い話なんだったけれど「気が気じゃなかった」らしいのでしたそして、地域のみんなが泥を片づけたりしているところをいかにも「よそいき」を着て(笑)ぞろぞろと通ってちと、恥ずかしかったとか・・・・それももう27〜8年前のこと(笑)

 よそでは40度を越える気温のところがあり・・・うちあたりでも暑い日が続いていますけれどそろそろ、雨がほしいですね・・・みなさまも水分・塩分をたっぷりとって「夏の体」へとチェンジいたしましょうすでに、いくらか夏バテの兆候がナマケモノ体制に(早く寝る、お昼寝もできれば少し・・)ならねば・・・と思っているのですがなかなかこれが(笑)

 元気いっぱいに走り回るちび猫もいるから(じゃれてくるし)おちおち寝っ転がってもおられないのです(笑)「こんな暑い時に限って外(解体)工事なんか・・・」という気もするけれど他の仕事との関係(かねあい)で、どうしても今ごろに・・・待ちかねてありますからみんな頑張ってくれております。



真夏に解体工事をしたことも・・・

 お祓いもして・・


 屋敷森があり、いくらか涼しかった




 そちこちで解体工事を見かけるような気がしますけれどうちは「建築一式」の建設業許可を持っているので解体もできますが、昨今は「解体業」の許可を持たないと解体(仕事)もできない・・・ように厳しくなっております。ご注意くださいネ、「解体の前に許可が」必要な時もあるし、ついでに登記も抹消手続きをしたり(これは「自分でする」なら、法務局ですぐにできますよ)いくらかややこしいこともございますので・・・
※法務局の相談窓口で、聞いてみてください。意外と簡単です(代理人司法書士さんなどに頼まずともよい)「個人が」自分の分をするのならOKです。



納屋だけを解体したり・・・(これは正月明けだった。数年前のこと)



 

 酷暑が続いておりますのでくれぐれも、お体ご自愛くださいませ。