古民家の記・新(引っ越し先)

いつも(!)「古民家改造工事」をしたい・・・誰かさんの代筆で(笑)ミーハーブログをしているkominka(ツマ)でございます。

 人に薦められたらなるべく「行きたい」と思っていて映画はたいてい自分が見たいものしか見ない・・・・のだけれど(時間がかかるし。これは「あきらめていた」デス)わざわざお電話のついでにお話しされたのでひさ〜〜しぶりにKBCシネマに行ったスタンプが5年ぶりだった(笑)なかなか貯まらない。


大開発前の北天神

「国際飯店」って・・・いろんな歴史を知っているやろねぇ・・・




 古い小さな建物が(大空襲で二日市から天神までくらい「見えた」そうな・・・)雨後の筍みたいにたくさんたくさん建ったのだとは思うけれど一気に天神ビックバンとやらで、変わってしまうのはなんかな〜〜〜


「今は」空が見えるけれど


 20年くらい前から大ブレイクしてCDが300万枚とクラッシックでは異例の売れ方をして今も、精力的にコンサートをされている日常を14歳のときの絵日記と合わせて思い出話も・・・・なかなかよい編集姿勢・構成になっている。フジコさんの「視点」も好奇心もピアニストとしての練習づけの毎日も・・・・淡々と描かれていて「日本はどうして全部、建て替えてしまうのかしら」とパリに一年の半分住んで、古い素敵なアパルトマン天井がたか〜〜い部屋に犬や猫たちと暮してあるのだった。しかも犬はコンサートツアーのあいだ(2か月くらい)ドイツの友だちに預けてそれを5時間くらいかけて引き取りに行かれる・・・丁寧な暮らしぶりと公演の前日にも4時間の練習を欠かさない姿勢、コンサートの後には(前には「節制」禁欲的な生活のようである)アルゼンチンやNY、ロサンゼルスの夜のライブハウスやら街の散策を一人でマネージャーなしで(「なんでも自分で」するんだとかスタッフはおられるようだが・・・)すたすたと、歩かれる「疲れて演奏に影響があるといけないから、無理はしないすぐに寝ます」ということだけれどいやはや。すばらしかった不肖kominka(ツマ)まだまだ若輩者だす(!)



フジコヘミングの時間
https://eiga.com/movie/87411/
※公式HPは、なぜか「真っ黒に」なっている??ので、映画の宣伝を、貼り付けておきますネ。






公団住宅(現UR)の新しいビルの隣に、国際飯店はある・・・・

いつか。食べてみるつもり(笑)


 フジコさんはいつも路上の演奏などにもチップを、あげたり犬や猫の(留守宅の)お世話する方もゲイのカップルだったり・・・自然体でかまえずに、いろんな方と仲よくしてあり。それもすごいと感心したのだったなんかね少し前の「日本人」って感じ(わたくしの「田舎暮らし」と似てる・・・あはは! 比べるのもおこがましいが)暖かい「演奏に日常の感情が、出るから」ときれいな心を保ちたいらしいの、いいな〜〜そんな心がけ。とってもよかったです、よろしければぜひご覧あそばせ。

 「仕上げ」に塗装工事をするとグッとお化粧した感じでよくなるのだけれどそれは古民家に限らず・・・女性(お祭りの子どもも)なんかでいえばわかりやすいと思われます(笑)建具についても「下駄をはかせたり」いろんな調整をしてその家に合わせる「腕」というか・・・古くなったとか鍵が壊れたから、新しい建具に変えなければと思う人は多いと思いますが先日も、誰かさんがちょちょっと調整して喜ばれていたようです。




 これはこないだからしている増改築の現場で「建具工事」柱に合わせてここまで削るか? というくらい変形してはいるのだけれど「どうにでもなる」と申しましょうか・・・


雰囲気があっていると、気がつかないくらい・・

なるほど〜〜


 その家にあった改造(リフォーム)工事をしておりまして頭で(設計士さんやなんたらコーディネーターとか〜プランナー?? おもに、図面で考えるのが得意な職種の方々)数字とか理屈でなく「勘で」(笑)聖徳太子の頃より(建築の神様らし。「太子講」してるもの・・・)名もない職人さんたち大工さん含めいろんな職種の日本古来から脈々と受け継がれてきた「技術」というか・・・・すごいな〜〜と不肖kominka(ツマ)いつも思って見ております。



   ↓  ↓

増改築中なり





 きのうのお題・・・に「汗が出るしあわせ」と書きましたが、汗もおしっこも出ないとタイヘンですよ(笑)だから、ありがた〜〜く水分・塩分補給しつつこの酷暑をのりきりませう(笑)よい一日でありますように〜〜〜・・・

 町中では(田舎でもですが)お隣が解体されると今まで見えなかった部分が「見える」ようにもなり直接、風雨にさらされることも多多あると思われるので壁工事をさせていただいております。



 この頃ではトタンを張る工事は減ったようですけれどトタンは大事な部材「今も現役」だと感じているところです。



 こないだまで(ウン十年?前)あちらこちらの「現場」の写真を撮るためにいつもいつも(笑)ついて回っていたのですが(今もたいていそうですが)・・・・「工事前」「工事中」「工事後」というおっかけは、なかなか追いつきませずなにせ小さい(?)工事はがんがん「はかがいく」ので・・・まぁね〜〜さっさと仕上げなければ雨や雪や強風で影響が大きいですからね大工さんたちは大活躍で頑張ってくれております。

 ちと立て込んでいて本日とても忙しく(市役所まで30分、書類を午前中に取りに行かねばならぬ・・・)夕方の予約と明日の準備(キモノのお仕度・半襟つけたり・・)そのくせ昨夜はとあるご夫婦とお会いしてたので自業自得で「さばけん」のでございます(涙)えへへ。



 こないだのつづき・・・・でお茶を濁させていただきます。博多街部(旧市街というか庶民の生活空間が残るあたり)を散策するのは「歩いてちょうどいい」程度なので楽しいのですよねぇ誰かシュミが合う人と一緒だとよけいに。


この景色でどこかわかる人は・・・・

博多の「通」ですな(笑)



古いビルも素敵
 ねっ? ね?


 いろいろお話したいけれど・・・・本日これにて。いくらか暖かい日が続きますがどちら様も風邪などご用心くださいネ。

 「古民家風」というのは今ちょっとしたブームだが・・・あと、糸島(おもに糸島半島部分と思われるけれど)がときどきマスコミにも取り上げられてはいる・・・「はやり」というのはそのうち飽きられるというか、すたれるのかもしれない。別に悲観して言っているわけではなくなんか違和感があるブーム(?)なのでトウキョウの友だちからショートメールで携帯へ「今、糸島があってるよ」と教えられたりする・・・


 こないだ都市部の古い街並みを散歩して・・・・ここらあたりも案内・一緒に歩いてくれる友だちができて10年以上になる街に住んでてもわりと近い感性なので、どこにいても誠実に丁寧にきちんと生活している人はいるんだと「人を信じること」知らない人や不特定多数を信じられない気がしていた田舎ものの不肖kominka(ツマ)だったが・・・おつきあい(通りすがりでもエチケットは大切だし)を再度、学ばせてもらっている気もするのである・・・まぁそんな大げさなものではなくてまず「会って楽しい」というのはいいことだ(笑)



川上音二郎(出生の地)を水上八重子が訪ねて・・・

 沖濱神社
 境内に記念碑がある



 「朝のうち」に西中洲あたりも散策(通り道だし)しておもしろかったのだけれどあとでかの人から「あの日事件が(歩いたあたりで)あったらしいよ」とメールが来てあわてて三面記事を見たら大きく載っていて(夜中の事件だが)・・・ゾッとしたりやはり田舎のおばさんには繁華街はコワいところであ〜〜る。



中洲のはずれ・・・昨今は「きれい」でゴミも落ちてないデス(笑)

 今日は日曜日・・・・不肖kominka(ツマ)朝から出たり入ったり(出かけようとしたらお客さんがあったり)拙ブログを書くヒマがありませぬでしたすみません・・・


「片流れ」屋根勾配を利用して「吹き抜け風」天井工事中。


 「ファームつきシェアハウス」のそばの店舗が何軒かあるようなちと古い建物の2階を個室3部屋とリビング、玄関スペース(居室空間)というか・・・なかなかおしゃれなロフト付きの個室にリフォーム工事中で、やっと(?)形が見え学生さんたちも試験が終わったので集中して連休中突貫工事があっているようです「差し入れ」を持って行くようにと誰かさんから命令もあり「見学」させてもらいました。


ロフトの分、お部屋(個室)が広く感じます

 廊下部分・・

天井高を利用してのロフトです。



 一生懸命しているんだけれど宣伝が下手で(笑)せっかくの看板も「めだたない」からどこか? わかりづらい現場なのでしたジミーにこつこつと工事は進行しております。それに今どきの学生さんたちはワンルームマンションがフツー(?)なのか子どものときから個室ありの近代的な暮らしを経験して育ってきているので? 3部屋(3人募集中)といえども「共同生活」の入居者を探すのもタイヘンみたいなのですみなさまどなたか学生さん(希望者)をご存知の方お知らせくださいませ(笑)


ねっ? 立派なものでしょう?(なのに「目立たん」)おしいな〜〜

 それなりに信用されているのか?(笑)「今回は(サッシだったり、別の現場では大型改造だったり・・・)違う業者に頼まざるを得なかったけれど」ち奥様から言われ・・・「主人も、くれぐれもよろしくと申しておりました」とか。あそこの工事はもう頼まれないのではないかと不安になるくらい・・・不肖kominka(亭主)の仕事は町場の小さな小さな工務店なので「手が回りかねる」場合もあり(かなり「長く」、お客様にとっては待っていただくことになったりする・・・・)ほんとうに申し訳ないのだけれども。

 いちおう大工さんは2〜3人ベテラン(同世代、少し年上の人も)に仕事してもらっている・・・のだがご近所の仕事も多く(ガソリン代は助かるのです・・・)とても、ありがたいことでございます「いつも忙しそうやね」と挨拶で言われたりはいたしますが。田舎は古民家も多く、増改築工事をたくさんしてきたので「雨漏り修理」やら小さな改造のために見えない部分を補強したりあれこれ・・・上手なほうなのかも(笑)自分たちも築80年くらいの古い家に住んでいますしおうちの方々に喜ばれる工事は多いように思います。
 確かにうちの車が「材料取り」やら解体後の「運び出し」やらであちこち走り回って目につく気はしますわねわたくしの車もティアラ(笑)をつけたんで「目立ち」・・・・「あそこで見たばい」などとひと様の前で大声で言わないでくださいましね。




ヒノキぶろではありません(笑)


なんだと思いますか?
※答えは、明日。


 今年はまだ暖冬で「まき」の需要がありません(軽トラ1台5000円に下げたとか)山のように積まれて風雨にさらされておりまぁうちの玄関・土間ストーブもここ1 週間くらい焚いておらず・・・・きのうなんか17度?とか今日はいきなり10度くらい下がり「寒い」です・・・・北の方に比べると楽勝なんでしょうけれどこんな寒暖の差が大きいときが体調にも表れますからみなさまもくれぐれもご用心なさいませ。

 北海道の人が九州に来ると「寒い」んだそう・・・・まぁね〜〜10度くらいまで我慢しますからね凍えるような寒さでもないし(笑)「家の中」が特に、寒いそうです(笑)彼の地では冬はがんがん暖房の中でTシャツですごされるそうですがほんなこつかいな?(意訳。ほんとう? そんな暮らしぶりなのでしょうか? セントラルヒーティング? 一般家庭でも?? 信じられないデス・・・・)


よそ様の「薪」・・・・きちんと雨対策もされてある